歯を失う主な原因は むし歯と歯周病です。

歯周病は年齢とともに悪化して40歳以降、急速に歯が失われる原因となります。

■むし歯の発生原因

むし歯は、お口の中の細菌や糖分の摂取、歯の質が悪い状態で重なって発生します。むし歯菌は、歯垢を住みかとしているので、毎日の歯みがきでしっかりと歯垢を取り除くことが大切です。

【むし歯の原因】

■歯周病の発生原因

歯と歯ぐきの境目に歯垢や歯石がたまると、その中にいる歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こします。さらに、次のさまざまな要因が加わると、歯ぐきの出血や腫れが続き、歯を支えている骨が溶かされてついには歯が抜けてしまうことにも。

●細菌因子
歯周病菌をかかえこむ歯垢が原因
●環境因子
喫煙、ストレス、不規則な生活などの生活習慣
●老化や遺伝的要因
老化や遺伝などに加え、糖尿病や肥満、
骨祖しょう症など

歯周病予防のためには歯みがきはもちろん、喫煙やストレス、不規則な生活に注意することも大切です。



次のページ(2/2)へ

1. 8020運動とは?
2. 歯の役割
3. 歯を失う原因
4. 歯を残すために
5. むし歯について
6. 歯周病について
7. 口臭について
8. 8020推進財団とは?
9. サイトマップ

8020推進財団 トップページはこちら