トップページ > 8020調査研究事業 > 口腔ケア文献

口腔ケア文献

T.口腔ケア(口腔清掃)の効果に関する文献

1) 足立三枝子,植松久美子,原智子,石原和幸,奥田克爾,石川達也:専門的口腔清掃は特別養護老人ホーム要介護者の発熱を減らした.老年歯科医学,15 (1):25〜29,2000.
2) 木田正芳,丹羽均,松浦英夫:脳血管障害後遺症に伴う嚥下障害について.老年歯科医学,9 (2):66〜71,1994.
3) Kikuchi,R.,Watabe,N.,Konno,T.,Mishima,N.,Sekizawa,K.,Sasaki,H.,:High Incidence ofSilent Aspiration in Elderly Patients with Community-Acquired Pneumonia. AmericanJournal of Respiratory and Critical Care Medicine, 150 (1):251〜253,1994.
4) 石川昭,三宅洋一郎,飯島理,糟谷正,神川正,米山武義,宮武光吉:社会福祉施設等入所者口腔内状態改善研究モデル事業報告書(浜松市保健福祉総括室,健康増進課口腔保健医療センター,平成11年3月).厚生省平成10年度老人保健強化推進特別事業,1999.
5) 弘田克彦,米山武義,太田昌子,橋本賢二,三宅洋一郎:プロフェッショナルオーラル・ヘルス・ケアを受けた高齢者の咽頭細菌数の変動.日本老年医学会雑誌,34 (2):125〜129,1997.
6) 角保徳,永長周一郎,道脇幸博,砂川光宏,三浦宏子:要介護高齢者の義歯と咽頭微生物叢に関する研究.老年歯科医学,16 (2):171〜177,2001.
7) 米山武義,吉田光由,佐々木英忠,橋本賢二、三宅洋一郎,向井美惠,渡辺誠,赤川安正:要介護高齢者に対する口腔衛生の誤嚥性肺炎予防効果に関する研究.日本歯科医学会誌,20:58〜68,2001.
8) 米山武義,相羽寿史,太田昌子,弘田克彦,三宅洋一郎,橋本賢二,岡本浩:特別養護老人ホーム入所者における歯肉炎の改善に関する研究.日本老年医学会雑誌,34 (2):120〜123,1997.
9) 菊谷武,鈴木章,稲葉繁,齊藤f:高齢入院患者における舌背上のカンジダについて−摂取食形態,唾液分泌量との関係−.老年歯科医学,13 (1):23〜28,1998.
10) 斎藤郁子,松田智子,柿木保明編:保健医療福祉地域総合研究事業 歯科衛生士による長期療養患者の口腔ケアの効果に関する調査研究.平成9年度研究報告書,1998.
11) 阪本真弥,栗和田しづ子,丸茂町子:高齢者の口腔乾燥症に関する疫学調査研究.老年歯科医学,11 (2):81〜86,1996.
12) 柏原稔也,市川哲雄,川本笛子,蟹谷英生,堀内政信,弘田克彦,三宅洋一郎,松本直之:老人病院入院患者の口腔状態とデンチャ−プラークの細菌構成について−第1報 予備調査結果−.日本補綴歯科学会雑誌,40 (3):448〜453,1996.
13) 池邉一典,喜多誠一,吉備政仁,難波秀和,谷岡望,小野高裕,野首孝嗣:要介護高齢者の義歯へのCandida菌付着状況−生活環境,痴呆および就寝時の義歯装着による影響−.老年歯科医学,12 (3):213〜220,1998.
14) 清浦(鎌形)有祐,鎌田政善,嶋倉道郎,市野澤正和,新田敏正:義歯洗浄剤の使用によるデンチャ−プラーク中の微生物構成の違い.奥羽大学歯学誌,26 (1):32〜38,1999.
15) 内村美由紀,包隆穂,菊谷武,稲葉繁,齊藤f:重度痴呆患者における歯ブラシ行動再習慣化の試み.日本老年医学会雑誌,38 (3):366〜371,2001.
16) 下山和弘,岡田弥生,内田達郎,石川直人,小林章二,長尾正憲,森智惠子:在宅寝たきり老人の口腔ケアに関する研究−第3報 保健婦の口腔清掃の知識と指導能力−.老年歯科医学,11 (2):100〜108,1996.

U.咀嚼に関する文献(摂食・嚥下機能に関する事項を含む)

1) 嶋崎義浩:歯および義歯の状態が全身の健康に及ぼす影響に関する施設入居高齢者の追跡研究.九州歯科学会雑誌,50 (1):183〜206,1996.
2) 中西範幸,長野聖,日野陽一,井田修,山田敦弘,多田羅浩三:地域高齢者の咀嚼能力の低下に関連する要因と生命予後に関する研究.厚生の指標,45 (13):19〜24,1998.
3) 平井敏博,田中収,池田和博,矢島俊彦,富田喜内:高齢者の咀嚼機能と精神活動.日本口腔科学会雑誌,37 (3):562〜570,1988.
4) 渡辺一騎:全部床義歯の装着が無歯顎者の身体平衡に及ぼす影響.口腔病学会雑誌,66 (1):8〜14,1999.
5) 池田和博,平井敏博、川上智史,越野寿,石島勉,吉丸裕子:要介護高齢者における咀嚼機能と痴呆ならびに自立度との関連について−咀嚼能力とMDS/RAPsとの関連−.老年歯科医学,14 (3):287〜296,2000.
6) 寺岡加代,柴田博,渡辺修一郎,熊谷修:高齢者の咀嚼能力と身体状況との関連性について.老年歯科医学,11 (3):169〜173,1997.
7) 寺岡加代,柴田博,渡辺修一郎,熊谷修,岡田昭五郎:高齢者の咀嚼能力と口腔内状況ならびに食生活との関連性について.老年歯科医学,10 (1):11〜17,1995.
8) 田村文誉,綾野理加,水上美樹,大塚義顕,向井美惠:摂食・嚥下障害者における栄養摂取方法と口腔内環境との関連.老年歯科医学,15 (1):14〜23,2000.
9) 鄭漢忠,高律子,上野尚雄,原田浩之:反復唾液嚥下テストは施設入所高齢者の摂食・嚥下障害をスクリーニングできるか?.日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌,3 (1):29〜33,1999.
10) 吉屋純一:全部床義歯装着が高齢無歯顎者の嚥下機能に及ぼす影響.口腔病学会雑誌,66 (4):361〜369,1999.
11) 田村文誉,水上美樹,綾野理加,大塚義顕,岡野哲子,高橋昌人,向井美惠:要介護高齢者における摂食・嚥下機能減退にかかわる要因−安定した顎位と嚥下機能との関連−.口腔衛生学会雑誌,50 (2):182〜188,2000.
12) 田村文誉,水上美樹,小沢章,秋山賢一,菊地原英世,曾山嗣仁,花形哲夫,武井啓一,依田竹雄,保坂敏男,向井美惠:某老人保健施設入所者の実態調査−顎位の安定性,RSST,フードテストと日常の食形態との関連について−.日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌,4 (2):69〜77,2000.
13) 新開省二,渡辺修一郎,熊谷修,吉田祐子,藤原佳典,吉田英世,石崎達郎,湯川晴美,金憲経,鈴木隆雄,天野秀紀,柴田博:地域高齢者における「準ねたきり」の発生率,予後および危険因子.日本公衆衛生学会誌,48 (9):741〜752,2001.

V.高齢者のADL・QOLに関する文献

1) 吉田光由,中本哲自,佐藤裕二,赤川安正:歯の欠損が高齢者の生活の満足感に及ぼす影響について−広島県呉市在住高齢者に対するアンケート調査より−.老年歯科医学,11 (3):174〜180,1997.
2) 沖本公繪,松尾浩一,林美穂,寺田善博:高齢者のADL.日本補綴歯科学会雑誌,41 (1):117〜124,1997.
3) 小柴慶一,小笠原正,野村圭子,太田慎吾,渡辺達夫,笠原浩:要介護高齢者における有床義歯の適応に関する研究.老年歯科医学,10 (3):194〜203,1996.
4) 安藤雄一:口腔と視覚・聴覚の関連−「8020データバンク調査」の結果から−高齢者の健康調査における全身状態の評価と口腔保健状態との関連−.伝承から科学へU 口腔保健と全身的な健康状態の関係について 8020者のデータバンクの構築,76〜107,2000.
5) 多田章夫,花田信弘,西村明:高齢者の口腔保健状態が日常生活自立度に及ぼす影響.厚生の指標,46 (5):19〜24,1999.
6) 鈴木美保,才藤栄一,小口和代,加藤友久:高齢障害者の歯科治療とその障害に対する効果について.日本歯科医師会雑誌,52 (5):608〜617,1999.
7) 佐々木健,安藤雄一,平川敬,池田恵,小林清吾,石上和男,永瀬吉彦,瀧口徹:在宅寝たきり者に対する訪問歯科診療の評価に関する調査研究.日本公衆衛生学会誌,44 (11):857〜864,1997.
8) 梅田健吾,沢木佳弘,伊藤正夫,増田晃司,竹原公善,上田実,金田敏郎:歯牙喪失が成熟ラットの学習能力に及ぼす影響 第1報−臼歯喪失が迷路学習に及ぼす影響−.日本口腔科学会雑誌,40 (2):377〜383,1991.
9) 青木聡,武田秀勝,平井敏博,池田和博,石島勉,矢嶋俊彦:咀嚼機能が高週齢ラットの全身持久性に及ぼす影響.老年歯科医学,10 (2):128,1995.
10) 千葉晃:歯の喪失が高次脳機能に及ぼす影響に関する行動学的,組織学的研究.日本補綴歯科学会雑誌,43 (2):299〜311,1999.
11) 加藤武司,宇佐美雄司,長谷川雅哉,野田幸裕,上田実,鍋島俊隆:歯牙喪失老齢ラットの情動行動に関する研究.老年歯科医学,10 (3):189,1996.

8020推進財団について | 歯とお口の健康情報 | 歯のマメ知識 | 歯とお口の健康小冊子 | 口腔ケア | 8020調査・研究事業 | データバンク