8020調査・研究事業

世界の国々の8020~比較

日本の現状はどうなっているのでしょう。

私たち日本人が、自分の歯を保っている割合は、年々高まっています。
「1人平均現在歯数の推移」をみてみると、ほとんどの年齢層で過去の調査値 を上回っています。
ことに中高年以降の年齢層で、その傾向が顕著です。
「20歯以上有る人の推移」をみても、同様の傾向がみられます。
ちなみに2016年の調査で80歳での1人平均現在歯数は約17本(前回調査は14.2本)、また80歳で自分の歯を20本以上有る者の割合は、初めて50%を超えました(65-74歳では68.9%、85歳以上では25.7%)。

20歯以上有する者の割合

20歯以上有する者の割合

このページのトップに戻る

世界の国々と比較してみると…。

日本はご存知のとおり世界トップクラスの長寿国です。しかし、80歳前後の高齢 者の残存歯数を見てみると、決して高い数値とは言えません。「国別年代別 残存歯数」や歯科疫患実態調査でわかるように、中高年以降、急速に歯を失っていく傾向があります。

20歯以上有する者の割合

このページのトップに戻る

調査事業
 
研究事業
助成事業