がんを防ぐ

だ液中の酵素には発ガン物質の発ガン作用を消す働きがあります。よく噛んでガンを防ぎましょう。

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の発がん作用を消す働きがあるといわれ、そのためには食物を30秒以上唾液に浸すのが効果的なのだとか。「ひと口で30回以上噛みましょう」 とよく言いますが、よく噛むことで、がんも防げるのです。

がんの原因となる活性酸素を減少

だ液の構成物質のひとつであるペルオキシダーゼは、食物内の発がん性物質がつくりだす活性酸素を酵素反応で分解します。

※ペルオキシダーゼ…酵素の一つ。細菌に抵抗する働きがある。

詳しくはこちら!