肥満を防ぐ

よく噛んで食べると脳にある満腹中枢が働いて食べすぎを防げます。

よく噛むと脳にある満腹中枢が働いて、私たちは満腹を感じます。 よく噛まずに早く食べてしまうと、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ってしまいます。 よく噛むことこそダイエットの基本です。

肥満

肥満はさまざまな生活習慣病の温床。最近、おなかに脂肪がつく内臓脂肪型肥満がメタボリックシンドロームの大きな原因になるため、とくに問題になっている。

よく噛むことは、肥満・メタボリックシンドロームの予防・解消に!

噛むことが肥満を防ぐメカニズムであることもわかってきています。脳内にある神経ヒスタミンという物質が食欲を抑え、エネルギーを消費させる働きをもっており、この神経ヒスタミンは、噛むことで活性化するというものです。「一口30回噛む」ことは、肥満予防法として、厚生労働省「保健指導における学習教材集」でとり上げられています。