胃腸の働きを促進する

よく噛むことで消化酵素がたくさん出て消化を助けます。

「歯丈夫、胃丈夫、大丈夫」と言われるように、よく噛むとだ液が出て、消化酵素がたくさん出ますが、食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。偏食なく、 なんでも食べることが、生活習慣病予防には一番です。

消化を助ける

だ液には、食べ物の中にデンプンを分解する酵素があり、食べ物がだ液と混ざると、その酵素が働いて食べ物を柔らかくし、胃で消化しやすい状態にします。

詳しくはこちら!