味覚の発達

よく噛んで味わうことにより食べ物の味がよくわかります。

よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。人は濃い味にはすぐに慣れてしまいます。
できるだけ薄味にし、よく噛んで食材そのものの持ち味を味わうよう、心がけましょう。

五感を刺激する食べ方を育みましょう

食べ物の味覚を脳に伝えるのは、舌やのどの粘膜に広く分布する味蕾(みらい)です。舌だけで約5,000個もの味蕾があります。
食べ物をよく噛むことで味覚センサーがよく働くようになるのです。こうした口からの味覚情報や視覚などその他の五感からの情報が集約され、「おいしさ」を脳が判断するのです。

味覚のしくみ

食事の大事な役割はもちろん食べ物から栄養を摂ることですが、味を感じて様々な食材、材料を楽しむことも食事の重要な要素です。
食べ物の味を感じるのは舌にある味蕾という組織で、その中の味細胞が味物質を受けることで“甘い”とか“苦い”などの味覚情報が脳へ伝達されます。食べ物の味はまずだ液に溶け出し、それを味蕾が感知することによって初めて味の情報が脳に伝わるのです。
そのため、もしなんらかの原因でだ液の分泌が少なくなってしまうと、物を食べているのに味がよく分からない、文字通り「味気ない食事」となってしまいます。