楽しい歯のマメ知識

動物の歯の話

サメ

サメ多生歯性の代表といえばサメです。サメの歯は獲物をとるときにこぼれ落ちても、すぐに次々と生えてきます。
なぜなら、現在使っている歯のうしろに6列から10列もの予備の歯がひかえていて、歯が抜け落ちると、その予備の歯がベルトコンベアー式に前に出てきて埋めてくれるからです。

ホシザメの歯は抜けてから10日で1列すべて生えかわるとか。トラザメなどは10年間で2万4千本の歯が生えかわったということです。

このページのトップに戻る

ゾウ

ゾウ象の歯は大きな臼歯が上下左右に1本ずつの計4本。ひと回りもふた回りも大きな大人の靴底のような形をしており、かみ合う面はギザギザ模様になっています。

60~70年の生涯のうち、この臼歯は6回も生えかわるのですが、そのプロセスは大変面白いもの。私たち人間の歯は下から顔を出してきて垂直に生えかわりますが、象の臼歯は水平交換といって、奥にある臼歯が脱落するという交代方法をとります。従って、歯がない期間は全くないのです。

このページのトップに戻る

ウマ

ウマ馬の歯は明け6歳になるまでに、すべて乳歯から永久歯に生えかわり、その後はどんどんすり減っていきます。

カイバを食べる時には、上下の歯をすり合わせてそしゃくするので減り方が激しく、1年間に平均2ミリずつすり減っていきます。
そのため、馬は歯を見れば馬齢がわかるといわれます。

このページのトップに戻る

ブタ

ブタブタの内臓器官は私たち人間のものと良く似ていますが、歯の数は人間よりも多く、しかも噛む力も強力です。

門歯の数は上下左右で12本、そのうしろにキバがあり、硬くて大きいものはこのキバで砕きます。小臼歯は16本、大臼歯は12本、合計44本の歯を持っています。
生まれて間もなくかわいらしい歯が生え始めますが、これはブタの乳歯で、ほぼ2年後には永久歯となって生え揃います。

このページのトップに戻る

リス

リスリスが硬いクルミやドングリの皮を上手にむけるのは、一対のノミ状の門歯を持っているからです。門歯の裏側にはエナメル質がないため、内側が早く減り、その結果としてノミの刃のような形になります。この門歯は一生伸び続けるため、常にすりへらして正常な長さにしておかなくてはなりません。放っておくと1年間に約20センチも伸びると推測されます。
リスには犬歯はなく、前臼歯と臼歯がありますが、こちらは伸び続けるようなことはなく、年とともにすり減っていきます。門歯を含めて22本が、リスの歯の合計です。

なお、同じ齧歯(げっし)類のビーバーの歯の数は合計20本。こちらは門歯が4本あって、やはり自然に根元から伸び出してくるようになっています。ポプラ、ハンノキ、ヤナギなどの木を削るのはこの4本の前歯。木を倒したあとは樹皮や葉や小枝を食べ、残った枝や幹で小屋やダムを建設します。

このページのトップに戻る

トリ

トリ1961年、南ドイツで発見された始祖鳥の化石には、立派な歯がありました。でも、は虫類から進化した現在の鳥には歯が生えていません。しかしニワトリを観察してみると、卵からヒヨコにかえるときにのみ歯のようなものが存在します。つまり、ふ化のとき、卵の内側からカラを破るために、ヒナの上くちばしの先に小さな突起物が見られます。これを卵歯と呼んでいます。

卵歯は鳥類だけではなく、多くの昆虫にも見られます。

このページのトップに戻る