トップページ > 歯とお口の健康小冊子 > はじめよう口腔ケア > 口腔ケアは生きる意欲の向上につながります

はじめよう口腔ケア

口腔ケアは生きる意欲の向上につながります

1.口腔ケアとは

歯と口のケアは、むし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康を守るためにとても大切です。

口腔ケアを必要としている人は、身体機能の低下に加え、多くの場合摂食・嚥下障害など何らかの口腔機能の低下がみられ、器質面だけでなく機能面からのケアが欠かせません。口腔ケアは、口腔内の歯や粘膜、舌などの汚れを取り除く器質的口腔ケアと口腔機能の維持・回復を目的とした機能的口腔ケアから成り立っています。この2つが、うまく組み合わされることで、口腔ケアの効果がさらに高まります。

口腔清掃と口腔機能回復の図

2.口腔ケアの目的

口腔ケアには、次のような目的があります。

  1. むし歯、歯周病の予防
  2. 口臭の予防
  3. 味覚の改善
  4. 唾液分泌の促進
  5. 誤嚥性肺炎の予防
  6. 会話などのコミュニケーションの改善
  7. 生活のリズムを整える
  8. 口腔機能の維持・回復につながる

3.口腔ケアはセルフケアとプロフェッショナルケアが基本です

口腔ケアの基本は、自分自身で行う毎日のケア(セルフケア)と歯科医師・歯科衛生士による口腔清掃についてのアドバイス、専門的歯面清掃および口腔機能に対するリハビリテーション(プロフェッショナルケア)です。

また、要介護者ではこれらのケアに加えて、介護職や看護職によるケアが大切になります。

■セルフケア

  • 適切な歯ブラシや歯間清掃用具を選択し、すみずみまできれいに清掃する
  • むし歯を引き起こす甘味食品の量を制限し、栄養バランスのとれた食事をよく噛んで食べる
  • 全身のリラクゼーションを心がけ、顔面、口腔をよく動かし、摂食・嚥下のための良好な口腔機能を保つ
  • フッ化物入り歯みがき剤を使用し、むし歯予防に役立たせる
  • 定期的に歯科健診を受ける

■プロフェッショナルケア(専門的口腔ケア)

  • むし歯、歯周病の状況を診て、全身状態、口腔内の状況に合った適切な口腔清掃のアドバイス
  • 日常的には清掃できない部位の専門的歯面清掃
  • 口腔機能の維持、回復を図る機能的口腔ケア
  • 食介護への支援
  • フッ化物洗口など、予防に関係する薬剤の紹介と正しい使い方の指導
口腔ケアの主な効果の説明図

8020推進財団について | 歯とお口の健康情報 | 歯のマメ知識 | 歯とお口の健康小冊子 | 口腔ケア | 8020調査・研究事業 | データバンク