歯とお口のトラブル対策

むし歯のセルフチエック

1.口の中にむし歯がある?       
2.冷たいものを飲むとしみる歯がある?       
3.歯が抜けたままの箇所がある?       
4.歯の表面が汚れている?       
5.フッ素入りの歯みがき剤を使用していない?       
6.毎食後歯を磨かない?       

1つでもYesがあれば、歯科医院で健診を受けましょう。

むし歯の発生原因

むし歯は、口の中の細菌や糖分の摂取、歯の質等の要因がからみ合って発生します。
むし歯菌は、歯垢を住みかとしているので、毎日の歯みがきでしっかりと歯垢を取り除くことが大切です。

1.むし歯菌 歯垢(プラーク)が住みか。
2.糖分 むし歯菌も甘いものが大好き。
3.歯の質  
※時間 1~3の要因が重なったまま時間が経つとむし歯に。

むし歯の予防と対策

むし歯の原因は歯垢(プラーク)です。この歯垢の中に含まれるむし歯菌が酸をつくり、この酸が歯のエナメル質を溶かしてむし歯をつくるのです。
むし歯は適切な対策をすれば、確実に予防できる歯の病気です。

歯垢除去 むし歯予防で大切なのは、むし歯菌の住みかである歯垢をしっかり取り除くこと。
そのためにも、毎日の歯みがきが欠かせません。
ブラッシングのポイントは、歯垢のたまりやすいところを重点的に、
ていねいにみがくことが大切です。

規則正しい食生活

むし歯も生活習慣病のひとつです。甘いものを制限したり、だらだら食いを控えることが大切です。
図に示すように、間食が増えると口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態が続きます。むし歯菌が酸を発生させて、歯を溶かす状態になってしまいます。

 

フッ素でむし歯に負けない強い歯を。

フッ素には、歯の脱灰(注1)を抑え再石灰化(注2)を促進する作用があります。
フッ素入り(フッ化物配合)の歯みがき剤を利用することで、歯の質を強くし、むし歯に負けない強い歯をつくりましょう。

(注1)脱灰(だっかい):むし歯菌が糖分を分解し、酸をつくります。そしてこの酸がカルシウムなどのミネラル成分を溶かしてしまうことを脱灰といいます。
(注2)再石灰化:むし歯により、ミネラル成分が溶け出してしまったカルシウムを再び取り込む働きを再石灰化といいます。

定期的な歯科健診を。

かかりつけの歯科医院をつくり、年に1~2回は定期的にお口の状態をチエックしてもらいましょう。フッ素塗布は歯科医院でもしてもらえます。

このページのトップに戻る