歯とお口のトラブル対策

歯周病について

歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどなく、気づいた時には手遅れということも少なくありません。また全身の健康とも関係があり、早めに予防・治療をしましょう。

歯周病セルフチエック

1. 歯ぐきに赤く腫れた部分がある。
2. 口臭がなんとなく気になる。
3. 歯ぐきがやせてきたみたい。
4. 歯と歯の間にものがつまりやすい。
5. 歯をみがいた後、歯ブラシに血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある。
6. 歯と歯の間の歯ぐきが鋭角的な三角形ではなく、うっ血していてブヨブヨしている。
7. ときどき歯が浮いたよような感じがする。
8. 指でさわってみて、少しグラつく歯がある。
9. 歯ぐきから膿み(うみ)が出たことがある。

《判定》
チエックが1~2個
歯周病の可能性があります。歯みがきの仕方を見直し、歯科医院で診てもらいましょう。
チエックが3~5個
初期あるいは中等度歯周炎以上に歯周病が進行しているおそれがあります。早めに歯科医師に相談しましょう。

歯周病の発生原因

歯と歯ぐきの境目に歯垢・歯石がたまると、その中にいる歯周病菌が歯ぐきに炎症を引き起こします。さらに、免疫力が落ち、悪い生活習慣が加わると、歯ぐきの出血や腫れが続き、ついには歯が抜けてしまいます。

細菌要因 歯周病菌をかかえこむ歯垢が原因。
環境因子 喫煙、ストレス、不規則な生活などの生活習慣。
老化や遺伝子的要因 老化や遺伝子などに加え、糖尿病や肥満、骨粗しょう症など。

歯周病の予防と対策

歯周病の原因は、歯と歯ぐきの間にたまった歯垢の中にいる歯周病菌。
これが歯を支える組織を破壊し、歯根膜や歯槽骨を溶かしていきます。
そのままにしておくと歯が抜けてしまうことに。予防の基本は歯周病菌の巣となる歯垢をしっかり取り除くことです。

※歯周ポケットに歯垢がたまり、歯垢の中の歯周病菌が歯ぐきの出血や炎症を引きおこす。

歯周病と身体の病気

歯周病は、歯ぐきが腫れる「歯肉炎」と、歯槽骨まで炎症が及ぶ「歯周炎」を合わせた歯ぐきの病気ですが、全身の健康にも関係しています。糖尿病や動脈硬化、狭心症、心筋梗塞など、さまざまな病気と深くかかわっていることが分かってきています。

 

セルフケアとプロフェッショナルケア

歯周病予防には、歯みがきなどのセルフケアに加え、歯科医師や歯科衛生士など、専門家のサポートが欠かせません。

セルフケア セルフケアの基本は歯みがきです。みがくポイントは、みがき残しの多いところ。特に歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)、歯と歯の間、奥歯の後ろ側、奥歯の噛み合う面、前歯の裏側をていねいにみがきましょう。
プロフェッショナルケア 歯科医院で専門的クリーニングをしてもらい、自分では取り除けない歯垢や歯石を除去することが大切です。
年に1~2回は、歯科医院で定期的に歯科健診を受けましょう。

このページのトップに戻る