胎児期

胎児期

妊娠期のお口の状態

妊娠中はホルモン分泌の変化により、口の中の唾液が酸性に傾き、むし歯や歯肉の炎症になりやすい状態にあります。歯周病は低体重児出産や早産の原因となることがあるので、定期的に歯の健診を受けるのが理想です。妊娠安定期には受診しましょう。歯ブラシを口に入れるだけで気持ちが悪くなることが多く、歯みがきがおろそかになり、口の中に食べかすが残りやすくなります。

妊娠期のお口のトラブル

妊娠性エプーリス

歯ぐきに、できもの(良性)ができることがあります。ほとんどの場合は出産後に自然に消えます。治らない時は歯科を受診して下さい。
*エプーリス/身体の一部の組織が増殖したもの

口内炎や口角びらん

ビタミンやミネラルなどの不足により,口内炎や口唇の端にただれができやすくなります。予防のためにも、栄養バランスのよい食生活を心がけましょう。

妊娠期のセルフケア

つわりなどで歯みがきができない時は、ぶくぶくうがいをしてお口を清潔に。だらだらと甘いものを食べることは控え、食べたら口をゆすいで、食べカスが口に残らないように気をつけましょう。
気分のよい時間帯に、ていねいに歯みがきしましょう。

妊娠期のプロフェッショナルケア

【歯科健診】つわりがおさまり、4〜6か月頃の安定期になったら歯科健診を受けましょう。

【歯科治療】つわり・流産・早産のリスクを考えて、安定期に受けるのが望ましいでしょう。

【受診時】母子健康手帳を出して、産婦人科医から注意を受けていることは、どんなことでも歯科医師に伝えましょう。

歯の形成期

子どもの歯は妊娠中につくられ、歯の質はこの時期にほぼ決まってしまいます。乳歯の芽である歯胚は、妊娠7週目頃からつくられます。妊娠4か月頃からは、歯胚にカルシウムやリンなどが沈着し、かたい歯がつくられていきます。

強い歯をつくる食べ物

母体の健康を保つことはもちろん、胎児への栄養補給としてバランスのとれた食生活が大切です。

  • ビタミンA (歯のエナメル質の土台を仕上げる材料)
  • ビタミンC (歯の象牙質の土台を仕上げる材料)
  • ビタミンD (カルシウムの代謝や石灰化の調整役)
  • 良質のタンパク質 (歯の基質の材料)
  • リンやカルシウム (石灰化のための材料)

【受診時】母子健康手帳を出して、産婦人科医から注意を受けていることは、どんなことでも歯科医師に伝えましょう。

人間はいろいろ面倒だな。

お母さんのおなかの中にいる時から、歯も生える準備をしているのよ。