キョウコ

ケンちゃんがお腹の中にいた時にね、すごく歯が痛くなったときがあったのよ。

えー、そーなんだー。

ケンタロウ

女性のライフステージにおける一大イベントである妊娠。小さな命を体内に宿すと、その小さな命を育むために女性ホルモンが増加して体や心に変化が起きます。この影響はお口の中にも見られるようになります。その1つとして妊娠関連歯肉炎があります。歯周病菌の中には妊娠中に増加する女性ホルモンを栄養源に増殖し、歯肉の炎症を起こしやすくするものがあります。これを予防するには、歯に付着した汚れであるプラークや歯石を除去し、歯肉の炎症の原因を取り除くことが大切です。そのためには毎日の歯みがきが基本となります。

キョウコ

妊娠中は“つわり”で歯みがきがしづらかった時期があって、時々お口のトラブルを感じていたのよね。

えー!オトナのママでも“歯みがき”ができなかった時があったの?!

ケンタロウ

妊娠初期にみられるつわりの症状として「嘔吐」があります。嘔吐すると口腔内が胃酸に暴露されますが、感覚の変化からハブラシをお口の中に入れることが困難になったり、味やにおいに敏感になりハミガキ剤を使えなくなったりします。さらに、妊娠後期には増大した子宮が胃を圧迫するので1回の食事量が減り、食事回数が増えることでお口の中の環境は悪化しやすくなります。

キョウコ

妊娠中のお口のトラブルは生まれてくる赤ちゃんにも影響が出る可能性があるって、その時、歯医者さんが言ってたわ。

えー!もしかして僕も何か影響受けてるかなぁ...?

ケンタロウ

妊娠中に注意すべきことは、歯肉炎から重度歯周病に悪化すると赤ちゃんの発育にも影響を及ぼすことです。平成24年には母子健康手帳が改定され、「むし歯や歯周病などの病気は妊娠中に悪くなりやすいものです、歯周病は早産等の原因となることがあるので注意し、歯科医師に相談しましょう。」と追記されました。お母さんのお口の中を整えておくことで安心安全な出産を迎えることが出来ます。お口の中に変化(表1)があったら歯科を受診しましょう。

表1 セルフチェック項目

  • □ 口臭が気になる
  • □ 口の中がネバネバする
  • □ 歯をみがくと血が出る
  • □ 歯ぐきが赤く腫れている
  • □ フロスがひっかかる
  • □ 甘いもの、冷たいものがしみる
  • □ 治療した歯が沢山ある

 さて、生まれてくる赤ちゃんのお口の中はどのように変化するのでしょう。むし歯の原因菌は、粘膜ではなく歯に定着するので、歯が生えたらすぐに歯みがきスタート。それには、歯が生えてくる前からお口の中を触られることに慣れさせ、歯が生えたら歯みがきを行えるように準備しましょう。
奥歯の咬む面には溝がありますので、乳汁や食べ物が溝に残らないようにしっかりとハブラシを当ててみがくことが大切です。また、歯と歯の間はハブラシが入らないのでフロスを使ってのケアも必要となります。口腔ケアの基本は毎日のハブラシによる清掃で保護者の補助清掃が不可欠ですが、定期的に歯科医院で専門的な口腔ケアを受け、良いお口の中を保ちましょう。
毎日のハブラシによる清掃が、口腔ケアの基本で、ひとりでみがけるようになるまでは、保護者の補助清掃が不可欠です。あわせて、定期的に歯科医院で専門的な口腔ケアを受け、良いお口の中を保ちましょう。

キョウコ

ケンちゃんの歯は生え始めた時からハブラシとフロスを使ってしっかりみがいてきたからきっと大丈夫だよ!

よかった!ボクの歯は、生まれる前からママや歯医者さんに守られていたんだね!

ケンタロウ

楽しく生活を送るための健康な体を作るにはバランスの良い食事を摂ることが大切です。そのためにはしっかり食事ができるようお口の中を整える必要があります。

キョウコ

ということで、今日も栄養たっぷりのご飯作ったわよ。みんなで食べよーか!

やったー!いただきまーす!

ケンタロウ