日本で、マウスガードの使用が完全義務化、あるいは年齢、性別などによって一部義務化されている種目は、下表の通りです。柔道などは装着許可・推奨のある競技と言われています。

徐々にではあるけど、マウスガードの効果、重要性が社会に認知されてきました。
歯科医が製作に関与した適切なカスタムメイドタイプマウスガードを使用して、顎口腔系のスポーツ外傷を予防しながら、思いっきりスポーツを楽しんでください。

種目 対象 備考
義務 ボクシング すべて 赤色は不可
キックボクシング すべて ストラップ付は不可
空手 一部団体
格闘技(K-1) すべて
格闘技(修斗) すべて
アメリカンフットボール すべて 白・透明は不可
アイスホッケー すべて 白・肌色・透明は不可
ラクロス 女子のみ
ラグビー U-15(中学)・U-18(高校) 赤色は不可(U-15)
推奨・許可 テコンドー すべて
バスケットボール すべて 透明のみ
硬式野球 高校生 白・透明のみ
モーターバイク トライアル競技
ミニラグビー U-12(小学)
エリカ

先生、ありがとうございました。
どこで買えますか?

まずは、かかりつけの歯医者さんに相談してごらん。一番良い方法を一緒に考えてくれると思うよ。

タケシ先生
エリカ

はーい!相談してみます。

ぺスカ

オイラもマウスガード欲しいぞ

ケンタロウ

そうだね。なんでもかんでもかじらないようにぺスカもマウスガード必要かも

はっはっは!通常は動物にマウスガードは不要だよ!

タケシ先生